2015 12/9 ゼミ発表

吉田 郁子「房総半島中山間集落の限界集落化への変遷」 [発表] 全国の人口移動と経済成長率の推移グラフの作成 千葉県東京湾沿い埋め立て地区の目的と特徴 市原市内の企業、団地の進出年度別グラフの作成→農業から製造業への変化 [質疑] 第一人口移動期…

2015 11/25 ゼミ発表

関根薫「構造と意匠表現の取り合いから見る村野作品」 [発表] ・構造表現を緻密に見ていくことで村野の設計手法の再評価を行うことが目的 ・村野の経歴と建築作品を整理した年表の作成→研究手法をどうするか [質疑] ・現在主義と構造主義 ・村野藤吾が書いた…

11/4 ゼミ発表 D班 1回目

門間 翔大 「災害と建築から考える近代建築史」 [発表] ・文明論としての災害、文化論としての災害→文明論 物理的被害 文化論 社会的影響・被災者の住まいに関する考え 災害前に居住していた場所へ戻りたいという考え・賃貸住宅から土地付き持家への意識の変…

10/28 ゼミ発表C班1回目

小見山 滉平 「大宮東口における土地所有」 【発表】 どのように商店が商店街内で維持しているのか 住宅地図から追うさくら小路、すずらん通り、一番街、住吉通りの変遷 【質疑】 地主がその地で商売をしているが途中で商店が変わるのは何故なのか 商店の変…

10/21 ゼミ発表 B班 1回目

今年の4年生は8人中6人が卒業設計を選択したので各週のゼミは3人ずつのローテーションとなりました。 吉永 ほのみ 『東京湾内港沿岸漁村集落の歴史的変遷に関する研究』 [発表] ・中間発表を経ての研究フレームの枠組みについて・近世初期における各漁師町…

サブゼミC斑 2回目

B4のオオタニです。 更新が遅くなり、また順番が前後してしまい申し訳有りません。 サブゼミC斑2回目の報告をさせていただきます。 第2回:エドワード・T・ホール『文化としての時間 The Dance of Life: The Other Dimension of Time』(宇波彰 訳、TBSブリ…

サブゼミC班 3回目

こんにちは! M2吉田です。 順番が前後しますが、サブゼミC班3回目の報告です。 サブゼミC班(時間班)は、第1回、2回で下記2冊の課題図書を読んできました。 第1回:真木悠介『時間の比較社会学』(岩波書店、2003) 第2回:エドワード・T・ホール『文化…

サブゼミC班 1回目

B4の富山です。 C班1回目の発表では真木宗介著『時間の比較社会学』(岩波現代文庫 2003)を取り扱いました。 この本で真木さんは、 「文化」と「社会の形態」によって異なる時間の感覚と観念があるとしていて、それらを比較検討することで、「直線的で無限大…

サブゼミD班 1回目

更新が遅くなり申し訳ありません。 B4の中村です。 今回D班の1回目のサブゼミは クリフォード・ギアーツ「インボリューション ー内に向かう発展ー」NTT出版(2001)を取り扱いました。 ■ クリフォード・ギアーツ アメリカの文化人類学者であり、インドネシ…

サブゼミD班 3回目

サブゼミD班の1,2回目と順番が前後しますが、D班3回目について書きます。 ■今までのながれ D班では1回目にクリフォード・ギアーツ『インボリューション ̶内に向かう発展』NTT出版(2001)を読み、インドネシアのジャワにおける農業のインボリューションについ…

サブゼミA班3回目

更新が遅くなりましたが、サブゼミA班3回目の様子についてです。 A班のこれまで2回の発表では、V. スカーリーの書籍を取り上げ、建築の形がどう変形されていくかという視点から建築史を組み立てる方法を見てきました。 3回目では上記のようなスカーリーの…

7/23 ゼミ発表 A班 4回目

前期最後のゼミ発表の報告です。 陳穎禎 「清末から日本植民地時期まで台湾阿里山地域における畜産物交換所に関する研究」 [発表] ・商人主義で、漢民族と先住民が接続されていた状況が近代的 ・中央集権的システムの導入により変化 していく ・ネットワー…

7/15 ゼミ発表 C班 3回目

平場晶子「近世から現代までの銀座•日本橋路上空間の変容に関する研究」 [発表] 江戸期の日本橋通り、明治期の銀座通りのパース化 対象の年代の切り方、各年代の情報のまとめ [質疑] 朝鮮使節団と路上空間の関連性 鉄道馬車の距離、鉄道馬車の駅は路上中…

7/9 ゼミ発表 B班 3回目

小見山滉平「大宮東口における土地所有の変遷と建物と商店の関係」 [発表] ・住宅地図を用いて1980-2000年の建物利用状況の変遷を調査 [質疑] ・駅からの距離と土地、建物の大きさの関係 ・住宅地図だと土地の所有関係はわからない、戦後の状態の復元→火保図…

7/2 ゼミ発表 A班 3回目

門間翔大「災害に応答して提案されたプロトタイプ住宅からみた近代建築史の研究」 [発表] ・牧紀男『災害の住宅誌 人々の移動とすまい』(鹿島出版社、2011)を読んで勉強 ・災害 を経る中で、すまいのあり方が、戦前までの賃貸住宅主流から高度経済成長期で…

家具プロジェクト

はじめまして。 B4のなかむらです。よろしくお願いします。 先週の木曜日に家具プロのプレゼンがありました。 毎年お世話になっている光本さんにもいらしていただきました。 B4みんなで並んで作業でーす 今回は青井先生の部屋に本棚と効率の良い作業スペー…

6/18 ゼミ発表 C班2回目

塩田航「異邦人の手記などから追う 日本の暮らし」 [発表] ○イザベラ・バード『日本奥地紀行』のマッピング、生活に関わる記述を抜き出し考察 ○今後、バードの『日本奥地紀行』に関する先行研究や参考図書を読み進める [質疑] ・著者の視点を項目ごとに整理…

6/11 ゼミ発表 B班2回目

小見山滉平「大宮東口の土地所有の変遷と建物と商店の変化の研究」 [発表] ○大宮東口の歴史、今後の作業 ○各通りにおける商店の飲食店の割合、時間帯における開店数、建築の形による統計的処理 [質疑] ・ファサードデザインの商業、住居の分類は確証がとれて…

6/4 ゼミ発表 A班2回目

門間翔太「災害に応答して提案されたプロトタイプ住宅からみた近代建築史の研究」 [発表] ・災害を主たる建築の問題として扱い始めたもの、災害と建築の関係について、明確に述べられているものについて ・課題と展望 →自分の研究テーマのマッピングを行い、…

5/28 ゼミ発表 D班1回目

D班の今年度1回目のゼミです。 B4は小論文や卒業設計のテーマ決めに関わってくるため、本当に興味があるのか・具体的には何に強い興味をもっているかなど、根本的な質問が出ることがありました。 陳穎禎「台湾阿里山地域における蕃産物交易所に関する研究…

サブゼミA班第二回発表

5/20 A班第二回目の発表は ヴィンセント・スカーリー著長尾重武訳『アメリカ住宅論』(鹿島出版会 1978) を取り扱いました。 今回の発表では前回の発表での反省を踏まえて、冒頭で発表全体の流れを説明し、写真をスライドで映して説明しました。 (パワポで…

5/21 ゼミ発表 C班1回目

C班の今年度1回目のゼミです。 B4とM1は頭出しを受けて少し調べた内容を、M2は研究内容の紹介と進捗報告といった内容の発表でした。 弓削多宏貴「19世紀〜20世紀における建築家による「地域社会」的論とその展開について」 ・テーマの整理|建築家による…

サブゼミA班 第一回発表

5/13に2015年度サブゼミ発表がスタートしました。 トップバッターは「形態」を取り扱うA班でメンバーは吉永、祐川、池田、芦谷です。 A班第一回目の発表は ヴィンセント・スカーリー著 長尾重武訳 『近代建築』 (鹿島出版会 1972) を取り扱いました。 この本…

12/17 ゼミ発表 C班3回目

先週末にM1の中間発表があったので、今回は研究の背景や目的、今後の作業などについて俯瞰して議論しました。 吉田郁子「大都市近郊の中山間集落の限界集落化への変遷−インタビューからみる千葉県市原市月出—」[発表] ・中間発表を踏まえて、研究背景・先…

12/10  ゼミ発表 B班3回目

この日でM2の先輩方のゼミ発表は最後でした。 細かい部分まで、研究が進んでおり 倉石さんの地価が最終的に1点に集まる話、 あやなさんの資産家の地主と土地に建っている建築の話、 興味深かったです。 ラストスパート頑張ってください!! M2 倉石雄太 …

12/3 ゼミ発表 A班3回目

なんと!今年度最後のローテーションになってしまいました...! そしてM2は最後のゼミ発表でした。 三年経っても直前まで緊張はするものみたいです。 いよいよ終盤に差し掛かり師走感がでてきました。 ここからひとまず12月中旬の青井先生にいったん提出する…

11/26 ゼミ発表 D班2回目

神崎竜之介「関東大震災後東京に建てられた銅板を使用した建物に関する研究ー大正末期から昭和初期においてー」 [発表] ・江面の先行研究から得られた知見について →銅板貼りが建て主に採用された理由は災害後という状況と当時の施行方法 ・現地の現在の様子…

11/19 ゼミ発表 C班2回目

吉田郁子「インタビューからみる千葉県市原市月出の変換」[発表]・尾根道が発達、この道を使用してもののやり取りなどを行っている ・山間集落に生きる人々について ・月出の成り立ち、立地の特徴中心部は尾根道に立地、山腹には住宅が散居している。[質疑]…

11/12 ゼミ発表 B班2回目

佐藤あやな 「近代東京における不良住宅地区の形成と変容」[発表]・不良住宅のプロット、カード化作業からの考察 ・研究対象地区の決定・関東大震災による対象地区への影響と分析・不良住宅地区の変化の過程と原因・不良住宅居住者と浮浪者層[質疑]・職業は…

11/5 ゼミ発表 A班2回目

竹内詩帆 「稲城市 梨の直売所に関する研究」 [発表] ・論文の目次構成 ・スプリンクラーが広がった背景 ・育てる梨の品種を変えたことで利益が上がった ・土地利用の変化のついて [質疑] ・指標を立てるなどして、住宅地を客観的に読み取るべき ・土地利用…

10/29 ゼミ発表 D班1回目

陳穎禎 「竹崎の変容と産業ネットワークシステムの水道頭の形成について」[発表]・明日からの調査の基礎整理(情報と視点)・着目する5つの駅の一つ、竹崎は漢人集落が近代化した場所であり、衛生産業集散地ととらえられる・竹崎で着目すべき点は軌道であっ…

10/22 ゼミ発表 C班1回目

C班の後期1回目の発表でした。 吉田郁子 「インタビューからみる千葉県市原市月出の変遷」 [発表] ・インタビューから分かったことについて ・月出が本村と周辺の山中に散った家々に分かれていることについての考察 ・月出が戦後衰退していった過程や周辺ネ…

10/15 ゼミ発表 B班1回目

古建築実習があったので1週間空いてのゼミミーティングでした。 JO HYUNMOOK「御徒町小規模会社の生態」[発表] ・御徒町の小規模な会社の動き ・従業員の人の動きと暮らしについて 丸橋 優希「周辺施設の変化が与える商店街の影響について −習志野市大久保商…

10/1 ゼミ発表 A班1回目

秋学期始まって最初のゼミローテーションでした。 4年生のうちの5人は卒業設計を選択したので1回の是も発表の人数は3・4人と少なくなりました。 竹内詩帆「梨の直売所についての調査」 [発表] •用水と田畑の分布について •田畑から梨園への用途変化について …

9/24 B4小論文発表

恒例の、夏休み明けの4年生の小論文発表でした。 竹内詩帆「稲城市 梨の直売所についての調査」 [発表]・稲城市が梨の直売をやるようになったコンテクストについて ・梨小屋は5つに類型できる 直売所、 直売所(直売所+作業所+物置)、 作業小屋(作業所…

7/23 ゼミ発表 D班3回目

更新が遅れましたが、前期最後のゼミ発表の報告です。 M1 平場晶子「新宿における路上の都市探索者の実体と都市構造と再発見 資本主義の都市における原っぱ」 [発表] 林真人『ホームレスと都市空間−収奪と異化/社会運動/資本−国家』明石書店2014から得た…

サブゼミB班3回目 

地形班三回目は、地形について大きく2つに分けて考えるところから始めた。 ①学術的な地形の記述:専門的な地形の形成、変容、性質について理解すること。→「地形は、人の認知できない、巨大で緩慢な変化のスケールを持つ。」 ②人間生活と地形の記述:人間が…

7/17 ゼミ発表 C班3回目

C班前期最後の発表でした。 B4 門間翔大「災害に応答して提案されたプロトタイプ住宅」 [発表] ・前回の指摘等から扱うプロトタイプ住宅を「住環境の改良・更新」と「住宅生産の提案」に絞り、それらが災害とどのように関わるか考察する ・ジャン・プルー…

7/10 ゼミ発表 B班3回目

B班前期ラストの発表でした。 D2陳穎禎「阿里山林場・沼ノ平の集落形成と変容について」[発表]・林業の開発経緯、状況 ・沼ノ平の経緯(鉄道関係・林場・沼ノ平児玉二万平が中心であった) ・その後の観光地化段階[質疑]・タクミは沼ノ平で建物を建てる前…

7/3 ゼミ発表 A班3回目

A班は3回目の、前期最後の発表でした。 B4 祐川牧子「沖縄におけるRC造のヴァナキュラー化」 [発表]沖縄のRC造の住宅の三類型(米式住宅・ピロティ型・拡張型)を紹介 それぞれの平面を見てみると機能分布的にはかなり異なって見えるが、伝統的なプランを引…

サブゼミC班1回目 長谷川まゆ帆『お産椅子への旅』(岩波書店、2004)

6/4のサブゼミC班1回目の発表について報告をします。 メンバーは青木・平場・吉永・関根・Joの5人です。C班では以下の本を取り上げました。 長谷川まゆ帆『お産椅子への旅 ものと身体の歴史人類学』(岩波書店、2004) この本は、お産椅子という特殊な家具の普…

サブゼミB班2回目 『地形からみた歴史 古代景観を復原する』

サブゼミB班2回目は『地形からみた歴史』の五章、六章を発表。 五章,生産の場を復原する 主に五章では、人工灌漑の復原を行っている。[地図や航空写真を用いた現在的な観察]、[古地図を用いた現在との比定]、[地質調査による地質学的記述]、[小字名か…

サブゼミB班1回目 『地形からみた歴史 古代景観を復原する』

5/21はB班のサブゼミ発表1回目でした。 担当は吉野、笠巻、祐川、丸橋です。 扱う書籍は 日下雅義著 『地形からみた歴史 古代景観を復原する』 講談社学術文庫 2012年 です。大地の造形・変化と地形への人間のアプローチを学ぶことで私たちが生きる環境の…

6/26 ゼミ発表 D班2回目

D班2回目のゼミの報告をします。 今回は昼休みをはさんで、午後14時過ぎまで行われました。 B4 Jo Hyun Mook「街の誕生、そして衰退:浅草合羽橋道具街」 [発表]浅草の合羽橋道具街に着目し、街の誕生や衰退はいかにして起こるのかを明らかにする [質疑]東…

サブゼミA班2回目 『DNAだけで生命は解けない~「場」の生命論~』

大変遅くなって申し訳ありません。 サブゼミA班(植物班)2回目の発表の報告です。 前回で『植物の生存戦略「じっとしているという知恵に学ぶ」』は読了したので、今回は新しくこちらの本を取り上げました。 Brian Goodwin 『DNAだけで生命は解けない~「場…

6/19 ゼミ発表 C班2回目

C班2回目のゼミの報告をさせていただきます。 B4 門間翔大 「プロトタイプから考える住宅生産・供給のあり方に関する研究」[発表] プロトタイプとしての住宅の再評価によりその時代の社会コンテクストの捉え方を考察したい 人口集中や自然集中に建築家は何…

6/12 ゼミ発表 B班2回目

遅くなってしまいましたが… 6/12 B班2回目の発表がありました。 D2 陳穎禎 「林業二関する整備からみる沼の平の集落形成」 [発表]・沼の平の地域開発の流れ [質疑]・沼の平はもともとどのような場所だったのか ・沼の平に鉄道ができた事で変わった事…

6/5 ゼミ発表 A班2回目

2週目A班4名の発表でした。 B4 丸橋優希「学園都市について」[発表] 国立駅の南北の開発の差については研究があった 習志野市:軍の施設が大学に変わった事によって商店街等の性質が変わった[質疑] 何に興味があるのか ・ グリッドの空間 ・ まちづくり/行…

サブゼミA班1回目 『植物の生存戦略「じっとしているという知恵に学ぶ」』

5/2は2014年度最初のサブゼミでした。 4班あるうちのトップバッターは、通称「植物班」と呼ばれている佐藤・吉田・城・竹内・門間の5人が担当しています。 この本を取り上げる背景として、まず大きなテーマとして「じっとしている」という点では植物も建物も…

5/29 ゼミ発表 D班1回目

ゼミローテーション1周目、D班5名の発表があったので簡単に報告させていただきます。 B4 Jo Hyun Mook「ソウル市清渓川」 [発表] 清渓川の概要、歴史、南北問題、開発が進んでいない山間地域などを取り上げ比較を行う [質疑]2つのものを比較するのに因果…