D班サブゼミ 2回目発表報告

前回は、イエズス会士から見たトゥピナンバの気まぐれさはどこから来るのか、ということを述べたと思います。

今回は、実際にトゥピナンバはどのようにキリスト教に改宗されていったのかということに焦点を当てていきます。

 

まずイエズス会士たちを悩ませたトゥピナンバの”気まぐれさ”の対局にあったものとして、”復讐”があります。トゥピナンバは復讐することにとても強い欲求と執着がありました。それは、トゥピナンバの悪習として見られていたもの、食人、一夫多妻、酒盛り、多数の名前を得ること、名誉、の根本にあるものが”復讐”であったからです。

 

トゥピナンバの復讐の体系は下記のようになっています。

f:id:aoi-lab:20180909184217j:plain

 

 

この復讐が繰り返されていったのは、

1.敵を殺さなければ新しい名前が手に入らなく、名誉を手に入れることができず、結婚できないということ

2.トゥピナンバにとって名誉ある死とは敵に殺されること

 

これらがあったため復讐は永続化されていきました。

 

 

また③の敵を処刑する際には儀式が行われ、下記のような会話がなされています。

f:id:aoi-lab:20180831144642j:plain

 

 

このような対話は、時間が含まれており、今行うであろう復讐は過去から引き継がれているものであり、未来へと繋がっていきます。つまりこの対話は復讐が循環していくことにとても影響しているのです。

また面白いことに、この殺すした本人は捕虜の肉は食べず、周りの観衆が食べるということも決められていました。トゥピナンバは食べる口と言葉を発する口を区別していた、と言います。

 

 

 

 

 

イエズス会士たちはこの”復讐”を改宗していこうと試みました。

上記の復讐の体系はトゥピナンバにとっては無意識の一連の流れであったのですが、他者が入ってきたことによって

ヒエラルキーが明らかになっていきました。

 

まず、食人文化は意外とあっさりやめさせることができました。

それはトゥピナンバの中にも人の肉を苦手とする人、吐いてしまう人、食べたことがない人と異なる認識があったことも

一つの要因ですが、ここで重要なのが1回目で出てきた”他者への開かれ”です。

そもそもトゥピナンバにとって食人をすることは長寿を手に入れるための行為だったので、イエズス会士たちの教えによってこれは置き換えられることができました。つまり上記の復讐の体系の④が書き換えられたということになります。

 

一番困難だったのは、③の敵の頭蓋骨を打ち砕くことです。

頭蓋骨を打ち砕くことは、”新たな名前を得るための決定的な必要条件”だったため、これはイエズス会士置き換えることがでによってきず、結局強制的に力で押さえつけるしかありませんでした。

 

このようにして、トゥピナンバはイエズス会士に改宗されていきました。

著者のカストロ氏の見解として重要視していると思われることは、やはりトゥピナンバが食人を放棄したところに焦点が当てられています。

 

食人の放棄は、もっぱら、あるいは主としてヨーロッパ人が食人を嫌悪し、抑圧したために起こったのではなく、

むしろヨーロッパ人が、トゥピ系社会における敵の位置と機能を占めるようになったために起こったとは言えないか?

彼らがもたらし、取り込まれなければならなかった諸価値は、結果的に、敵の人格をむさぼり食うことを通じて内化されて

いた諸価値を蔽い隠すことになったのである。

 

これはカストロ氏の言葉ですが、先ほども述べたように食人文化は彼らの特性である他社への開かれによって、代入可能なことであったということです。

 

 

私自身、全く未知の世界の文化(=宗教)を扱った本であったので、信じられないことばかりで面白く読めました。

一方で、その裏に隠されている構造はとても難しく、カストロ氏はそもそもレヴィ=ストロースが提示したアメリカ大陸先住民の思考を考察し、それを元にこの本を書いているのでレヴィ=ストロースをもっと勉強したら更に面白く読めるんだろうな、と

この本だけでは理解できないことも多くありました。

この本では、外からの別のものが入ってきたときに、もともとあった全体がどのように動き出すのか、そのどちらかを見るのではなく、どちらも見ていくという姿勢を学べました。それは、日常には当たり前に起こっていることだけれども、案外この視点で見ていないので、見ていくと新しい世界が開けてくるのではないかと思います。

 

 

 

M2 保川

 

 

D班サブゼミ1回目発表報告

B4原竹、三須です。更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

6/20(水)サブゼミD班発表一回目の発表内容についてです。

 

課題図書:エデュアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロインディオの気まぐれな魂」(近藤宏、里見龍樹訳 水声社 2015)

発表者:和田、保川、原竹、三須

前半となる第一回目は、「一六世紀ブラジルにおける不信仰の問題」、「宗教体系としての文化」、「地獄と栄光について」、「楽園にある区分」、「信仰の困難について」を四人で発表しました。

 

「一六世紀ブラジルにおける不信仰の問題」発表者:和田

 

この章では、一六世紀におけるブラジル先住民であるインディオと、それ以外の民族の異教への変化、対応の仕方について、当時のイエズス会士、アントニオ・ヴィエイラの言葉を借りて、インディオたちを、「ギンバイカの像」、その他の民族を「大理石の像」と表現している。

 

「ギンバイカの像」…たやすく枝が曲がるために成形が容易である。しかし人の手を加え続けなくては、新たに得たその形を失い、以前のままの姿に戻ってしまう。

「大理石の像」…素材の硬度と抵抗ゆえに制作が極めて難しい。しかしひとたび像が作られれば、手を加える必要がない。

 

このような点から、宣教師たちにとって、インディオたちのその「気まぐれさ」は不可解に映った。

この章では著者カストロが、イエズス会士たちが「気まぐれさ」と呼んだものを解明し、またそれが現実の何かと対応しているということを示唆し、また、それに対して関心をもっているという事が述べられている。

 

 

「宗教体系としての文化」発表者:原竹

 

人類学者は文化を、個々人が宗教的というべき仕方で頑なに支持する「信念の体系」として思い描く。つまり、「文化体系としての宗教」は、宗教体系としての文化という観念を前提にしている。

本章から、トゥピナンバというブラジル先住民の例について具体的な事例等から述べられている。

ブラジル先住民のトゥピナンバ族には、本来の意味での宗教は持っておらず、迷信だけがあった。悪習とも呼ぶべきその迷信(食人や復讐)は、それこそが宗教とも呼ぶべきもののイデアあり、それは正当にも宗教的とみなされる信念の体系に忠実であったと述べられている。

これより、トゥピナンバは宗教を持っていたといえる。

しかし、この気まぐれさを宗教とするならば、なぜその宗教は自己の文化や宗教に対して気まぐれであったのか。が問われるべきである。

その前提には、アメリカ先住民の思考の特徴である「他者への開かれ」があったと述べられている。

 

「地獄と栄光について」発表者:原竹

 

本章では、テヴェという宣教師の逸話を例に挙げ、トゥピナンバたちの死生観や悪習について述べられている。

 

トゥピナンバの死生観:トゥピナンバの終末論より考えると、勇敢なものには楽園が、臆病なものにはみじめな地上での存在が運命づけられるとされている。

トゥピナンバの悪習:トゥピナンバの悪習において重要なのは、戦争における復讐であり、その後に起こりうる食人は彼らの慣習上、重要度は低いとわかる。

 

また、トゥピナンバたちは、神との仲介をしてくれる宣教師たちを恐れ敬い、長寿をもたらしてくれるものだと思うようになった。しかし、洗礼の水が水質的に汚染されていたがゆえに引き起こされた病気などにより、宣教師たちは次第に死をもたらすものだとされる。それゆえ、宣教師や司祭による終末論的な教えは凶兆だとみなされるようになり、インディオたちはそれを聞こうとせず、話さないように求めた。

 

「楽園にある区分」発表者:保川

 

本章ではトゥピナンバとヨーロッパ人との関係が、他者性というキーワードを元に述べられている。

 

トゥピナンバの宗教では、人間と文化英雄や造化の神は、起源は同じであり、超越的な存在ではなく、克服できるものであると考えられている。ヨーロッパ人も同じように、崇拝の対象としてではなく、他者性という記号として見られていた。

 

インディオは、他者との関係を現勢化することで、自身の同一性を変容させることを求めている。それは、実体的な同一性ではなく、関係的な交換(親和性=姻戚関係)が価値とせれている。そのために、娘や妹を結婚相手としてヨーロッパ人に差し出したり、捕虜を処刑する前に女をあてがったりなどする。

 

「信仰の困難について」発表者:三須

 

本章では、なぜトゥピナンバは信仰を持たなかったのか、また、トゥピナンバの社会がどのようなものなのかを宗教的な側面から読み解いている。

 

トゥピナンバは司祭を、カライバと同様な存在として認識していた。カライバは、預言者であり、ある程度の信用はあったもののトゥピナンバにとっては信仰の対象ではなかった。キリスト教の司祭も同じような認識をされていたため、キリスト教を信仰するのではなく、すぐにもとの悪習に戻ってしまうのであった。

 

ここで、なぜトゥピナンバが信仰を持たなかったのかということに触れられている。それはトゥピナンバの社会には法も、王も存在しなかったからだと言われている。王という超越的な権力に対する畏れや服従といったものが存在しないため、宗教における神という超越的な存在を信仰することがないのである。また、トゥピナンバにとっては神は超越的な存在ではなく、克服するべき対象としてみなしていたため、信仰が困難になっていた。

 

このような信仰の困難さなどの「気まぐれさ」は、ヨーロッパ人にとっては卑しい私欲として映っていた。それは、インディオがヨーロッパ人の技術や道具のみを欲しがっているように感じたからである。しかしそれらの行動は、他者という外部性のものを記号として社会に取り込むためであった。トゥピナンバの社会は、他社へと開くことによって外部の事柄を自分たちの社会へと取り込んでいくような、常に消費社会なのである。

 

以上が前半の発表でした。

 

C班サブゼミ 1回目発表報告

B4の吉田です。更新おそくなり申し訳ありません。
6/6(水)サブゼミC班の1回目の発表内容についての報告です。
課題図書:岡崎乾二郎ルネサンス 経験の条件』(文春春秋、2014年)
発表者は、市川、寺内、棟方、吉田です。

C班1回目の発表ではまず本の概要と付論を発表し、その後1章から3章までを発表しました。

 

●本の概要
ここではまず作者である岡崎乾二郎について少し説明し、本書における作者の意図を発表した。
岡崎は造形作家、批評家であり、本のタイトルである「経験の条件」は岡崎自身が感銘をうけたマティスやブルネレスキなどの作品が与える経験の確実性を捉え、その条件について語るためにつけたとされる。

 

●付論『信仰のアレゴリー
この付論は、本書の中で最も古い文章であり、1章から7章までの前座となるような考えが、マニエリスムフェルメールの絵画についての分析・解説の中で述べられている。

前半ではマニエリスムを「様式に対する意識」=「あらゆる様式を相対化し並列にながめる、普遍的な形式の存在を否定する態度の現れ」として、ポストモダニズム的なものとして語っており、宗教改革によって様式に対する懐疑がうまれ「表象の正しさをいかに確証するか」ということが美術史上の問題となったということが述べられている。

後半ではそうした懐疑をもっていた芸術家の一人としてフェルメールを上げ、彼の「信仰のアレゴリー」というタイトルの絵画がどのように表象の確実性を生み出しているかを分析している。

 

フェルメール「信仰のアレゴリー

f:id:aoi-lab:20180908153731j:plain

この絵画はチェーザレ・リーパの『イコノロギア』の信仰に関する次の文章の寓意であるとされる。
「信仰は、座り、注意深く見つめる女性によって表現されている。(略)…遠くにはアブラハムの姿の見えるが…」
ここで信仰をあらわす「注意深く見つめる女性」は画面前方の女性ではなく、背景の奥の壁の「キリストの磔刑」の絵を注視した時に気づくこちらを向いている真ん中の女性を指し、われわれは注意深くこちらをみつめるその女性(見ることによって、はじめてみることができる)を見て、「わたしは確かに見ている」という確実性を自分の視線に与える。
つまりこの絵画では信仰の確実性は、視線と視線、異なるレベルにある表象と表象が交換される瞬間にだけあらわれる。
フェルメールの絵画がリアリティをがあるように感じたのは、絵画の中にある各々の表象の真実性ではなく、その表象の使われ方すなわちそれぞれの表象の交換(翻訳)という作業によってえられるものだった。

 

●1章 アンリ・マティス
この章は「絵画を見たという経験の確実性はどのようにえられるのか、その条件をもった作品とはどのようなものなのか」という本書の主題について、マティスヴェネツィア派の絵画などを中心に様々なモダニズムの美術論を批評していくことで、分析・解説している。


マティス「十字架の道行き」

f:id:aoi-lab:20180908153755j:plain

この絵画ではキリストの受難の一連の出来事が描かれているが、ここでは「複数の場面からなる物語を描く時は、一壁面、一空間、一場面」という従来の絵画方法とは異なり、画面が一つに統合することを阻止し、複数の異なる場面に分離したままにとどめておこうとする2つの表記がある
 1.振られた数字  2.ヴェロニカのハンカチーフ
このような特徴から岡崎は、ここで描かれているのは、異なる場面の連続ではなく、「ヴェロニカのハンカチーフを見てキリストの受難を想起する」というその時であると考えた。

そして、マティスはこの絵で特定の時間に属する出来事の再現から絵画を解放し、想起という行為によって異なる時制を現在に統一したが、この想起(経験)が可能になるためには、それが結び付けられるべき「分離された時」があらかじめ成立していなければならない、経験の条件であると主張した。

「十字架の道行き」においてこの「分離された時」は、次のような特徴によってヴェロニカのハンカチーフだけが画面から浮かびあかってくることからもたらされていると考えられる。
・ヴェロニカのハンカチーフのみ線描が閉じた輪郭を作り出している
・ヴェロニカのハンカチーフの数字と形象の配置関係が他の場面と逆転している
→ハンカチーフの内側にも空間があるかのような効果

ハンカチーフは画面全体の平面内に従属しているのではなく、その外部にあって画面と対照し反復しあっているように見える。(現存する反復)
こうして、唯一このハンカチーフだけがそれを表象として結びつくモデルを同時に提示していることから、ハンカチーフだけが確実性をもっているように感じられたのである。

 

●2章 想像上の点
この章ではルネサンス期における「透視図法」を焦点として、アルベルティ的透視図法の手前に位置づく、ブルネレスキ的透視図法への注目と評価をし、ブルネレスキにおける秩序(形式)の具体的な構成方法を導き出している。

前半では透視図法の様々な技法上の問題と、透視図法が客観的・幾何学的な作図方法である以前に「画面を透明な窓に見立てるシンボル形式」という仮定にすぎないというパノフスキーの説があげられ、同様の認識をルネサンス期の芸術家たちももっていただろうという岡崎の見解が述べられている。

後半では透視図法におけるブルネレスキ法とアルベルティの方法や建築の比較からその意図の違いを論じている。
・アルベルティ
三次元の光景を二次元的に表現する。建物全体の秩序を正面ファサードが表示する。
・ブルネレスキ
三次元の光景と二次元の光景の差異を生み出す条件を消去する。建物は抽象的に知覚されるリズミカルな空間の拡がり。

ここでブルネレスキが試みたのは、「質量をそなえた事物と眼に見えない空間を同じ尺度の統一性にしたがわせようとすること、それによって離れている事物を同一体系のなかに組み入れることができるようにすること」だった。

こうしたブルネレスキ的方法の特徴はレリーフ作品にも現れており、岡崎はギベルティと比較してその秩序モデルを導き出している。

・ギベルティの秩序モデル
フレーム&基底空間を設定し、それを秩序の下支えとして個物群を階層的に構成する。
・ブルネレスキの秩序モデル
個物群は等価。それらが、そのすべてと等距離にある理念的視点から見られることではじめて秩序が構成される。

 

f:id:aoi-lab:20180908154430j:plain

●3章 転倒する人文主義
ルネサンス建築はアルベルティの「建築論」を根本原理としており、ヒューマニズム建築として知られているが、ルネサンス最初の建築家といわれるブルネレスキの建築理念はそれと大きく異なるものであった。この章では、ブルネレスキの建築理念を、彼の具体的な作品を通して推察している。
・ブルネレスキのサンタマリア大聖堂のクーポラ
すでに存在している事物間での比例関係を見出し、適応させた

f:id:aoi-lab:20180908154532j:plain


人文主義建築
 1.正しい位置関係による調和 2.完全なる幾何形態への還元
人文主義建築は形態の中に比例関係を見出し、必然的に前後左右全てが対称形をなす集中式の建築を好む

ブルネレスキの理念と人文主義建築の理念は比例関係をどのように見出すかという点で明確な違いが生じており、ブルネレスキの建築は個々の長さを比例関係として展開していくが、人文主義建築は対象を閉じた枠として規定し、その枠内部を比例基準に従って分節していく。
その為、人文主義建築はあらかじめ完結していることが定められているが、ブルネレスキの理念はバラバラに離散した事物間に秩序を与えることができる。
岡崎はこのように混沌の中から事後的にそれを統整しうる理念を見出すことができたブルネレスキの建築理念を高く評価した。

 

C班前半の発表は以上です。

B班サブゼミ 2回目発表

5/30(水)サブゼミB班の2回目の発表内容について。

先日B4木山(結ちゃん)&上原(よっしー)が1回目(第一章~第四章)の発表の要点だけをまとめてくれたブログをアップしていますので、そちらを見てからぜひ読んでみてください。

 今回はM2杉本(まりえさん)&M1武田(ちゃんまん)が軽めに報告を。

 

続きを読む

B班サブゼミ 1回目発表

5/23(水)サブゼミB班の1回目の発表内容についての報告です。
課題図書:マリオ・リヴィオ黄金比はすべてを美しくするのか?最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語』(斉藤隆央訳、早川書房、2005)
発表者は、滝口、杉本、武田、上原、木山です。
文章は1章から4章からなる前半部分をB4の木山と上原が担当します。

続きを読む